死亡時の保険金にも税金はかかる

故人の死亡によって生命保険金などが支払われる場合、保険料を個人が負担していた者に関しては、相続税の課税対象となります。配偶者や子供を受取人にしており、被保険者を自分(夫・妻)として保険料を支払っている場合が多いでしょう。

夫が亡くなった場合、その妻や子どもが受け取る保険金は、夫が亡くなった当日は夫の財産とはなりません。ところが、妻や子供が保険金を受け取ることができるのは、夫の死亡が原因となり、保険料も支払っています。実質的には、相続によって財産をもらったものとみなされるのです。そのため、このような保険金には相続税がかかることになります。

死亡保険金を上手に利用すれば、相続争いの対策に用いることもできます。たとえば相続財産が不動産1件のみという場合、法定相続人が2人以上いるということであれば、不動産を一人に、死亡保険金をもう一人に分けるということが可能です。そうすれば、不動産を売却してお金にかえる必要がないかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>