相続税は死亡退職金にもかかってくる

退職金をもらう前に亡くなってしまうと、故人に代わって遺族が退職金をもらうことになるでしょう。このことを死亡退職金と呼びます。

例えば、妻が夫の会社から死亡退職金をもらうことを想定してみます。すると、夫は亡くなった当日はまだ夫の財産とはなりません。しかし、妻が死亡退職金をもらうのは夫の死亡のためです。夫が長期間会社に勤めていたことから退職金が出るわけなので、相続によって財産を移譲するのと同じなのです。なので、死亡保険金と同様、死亡退職金にも相続税をかけることになります。

ただ、退職手当金には非課税限度額があるので、すべてが相続税対象とはなりません。なお、退職手当金などの支給確定が死亡から長期間かかるばあい、支給額が確定したときに受取人の一時所得となり、所得税や住民税がかかってきます。被相続人の死亡後3年以内に支給が確定すると、相続財産とみなされて相続税の対象となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>